夢見る機械じゃいられない

初回は税込980円です

MHXXが出るらしい

タイトル通り、MHXX……モンスターハンターダブルクロス、が発売されるそうで。情報が遅いにも程があるが、モンハンってコンテンツを追っかけ続けるのは結構大変なんだ。わかってくれ。

 

[www.capcom.co.jp/monsterhunter/XX/sp/?referrer=Yahoo!検索]

 

これで貼り付けはできた……と、思いたい。

僕はモンスターハンターシリーズはそれなりにやっている。それなり、というのは、世の中にはプロハンと呼ばれるゲームを極めた人がいて、僕はそこにはいないからだ。というか、プレイヤースキルを上げるために必要なのは何よりもまずモチベーションで、僕にはそれが欠けている。その辺の話はあんまりすると心が痛いからやめておこう。

 

さて、クロスを改めてプレイしている。僕は図鑑を埋めたりしないと気が済まないタチだからいちいちクエストをこなすわけだけど、今作の雑魚掃討と採取クエストの多さは溜息より先に笑いが溢れるレベルで多い。それも、全部が終わったと思ったら新しいのがまた出てきて、勘弁してくれと呟いてしまった僕はきっと、悪くない。

 

  • どうして採取は嫌なんだろう

最初に言っておくけれど、すべての人が嫌だと思っている……なんて話ではない。あくまで僕が嫌なだけだけれど、さてそれはどうしてなんだろう。

モンスターハンターという世界観の演出においては、雑魚を狩ってこい、あれを採取して、というのはむしろ理にかなっている。それは、わかる。しかし、現実にクエストボードの依頼文なんか一度読めば十分だ。それにクエスト中にその内容は関わってくることはない。ただ倒すべきモンスターが変わっただけで、それを20体倒す必要がある。イーオスとゲネポスとギアノスとランポス、あとジャギィか、この五種類狩ってこいってクエストは、場所も対象も違えど、やることは本質的に同じだ。それならそれは、本当に五個も用意しなけりゃいけないものなのか?

 

まぁ素材が欲しいだろうからとか、あるのはわかる。わかるが、それならクエストを全部こなしました、なんてクリアマークは必要なのかとか、勲章なんてものを作るなよとか、そう思ってしまうのだ。

 

結局何が言いたいって、採取クエストと運搬、雑魚掃討、この辺は数を減らすとかしたほうが良かったんじゃないかってことになる。それはクリアに必要な討伐数の数であったりとか、なんというか、作る側のビジョンの押しつけを感じてしまう。楽しくプレイできる物量を越えてしまっている、と判断したなら、それ以上は入れるべきじゃない。

そんなことを書きながらも、僕はせっせと採取クエストに赴くのである。だれか助けてくれ。